visitkoreaforme logo

home

K-ドラマ&ムビ

K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
K-ドラマ&ムビ
  • 金額

    120,000 KRW ~

    93.00 USD ~

  • 期間

    24 hours

  • 電話番号

    010-8679-0600

  • 言語

※ 現在コロナなどにより、掲載ツアーの一部は催行されておりません。予約前に必ず催行業者までご確認ください。ツアー情報は順次アップデートを行う予定です。

釜山を修飾する言葉の中で一つが"映画の都市"だ。韓国で初めて映画館ができた都市。山と海。過去と現在が 共存しながら 数多くのドラマや映画の背景となった。毎年 10月になると釜山国際映画祭が開催され 世界の多くの映画人が 映画の海釜山により集まる国際的な都市でもある。"映画を見ると釜山がみえる 釜山を見ると映画が見える"という。1950年代製作された映画"青春の双曲線"では影島大橋の跳ね上がる場面が出る。その影島大橋を皮切りに最近アップルTVから製作され 全世界的に 韓国の辛い歴史を自然に知らせるようになったドラマ"パチンコ"の 主人公のソンザの故郷であり幼い頃の場面の背景となったチャガルチと太宗台 砂利場。当時は橋がなかったので船に乗って影島とチャガルチを行き来しながら買い物をしていた場面が印象的だ。砂利場は ソンザが 海女になって潜りながら海産物を捕った所でありこの撮影をため釜山市の7つの機関が協力したという。ヒンヨウル村は映画 弁護人のロケ地として知られて多くの観光客が訪れるようになった。現在は いくつかの主宅が カフェや小物ショップに改造して人々の憩いの場所やフォトスポットになっている。避難民の苦しみがそのままこもっていり 特に夜景がとても綺麗で韓国のマチュピチュと呼ばれる甘川文化村。俳優 木村拓也とイビョンヒョンの出演で話題になった日本の映画"ヒロイン"のロケ地でもある 甘川文化村まで 映画の跡地を 探して見る 釜山旅行。

料金に含まれるもの

昼食 入場料 体験費 ガイド。ドライバー 専用車両

近所の観光地
ホームページ
住所

おすすめリスト
最近見たページ
ヘルプ

Visit Korea For Me のウェブサイトに関して問題やご意見がありましたら、いつでも私どもにご連絡下さい。できるだけ早急に対応させていただきます。

Q&A
Q&A
asdsadasdsa
2019.11.23
Message 1line Message 1line Message 1line Message 1line Message 2line Message 2line

answer답변(번역필요)

answeransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweransweranswer